いーこの部屋

お喋りな7歳と拘り強めな4歳の男の子の子育て中…日々の出来事日記

絵本「このあと どうしちゃおう」ヨシタケシンスケ作が面白くて、でも今を生きる事を学べて素敵な絵本でした(*´∀`*)

こんばんは、朝雪が降ってΣ(゚д゚lll)こんな顔になったいーこです(・・;)

 

ちーくんが出発した時には何も降っていなかったのに、その5分後くらいに窓の外を見ていたおーくんが、「なんか降ってるよ。なんか白い、、」と言いました。

 

私「え、雨かな?」と外を見に行くと「え、Σ(゚д゚lll)雪だよ!」

でも細かい雪が舞ってる程度だから大丈夫かな(^ω^)

 

と言っていた10分後くらいには大きい雪がめっちゃ降ってきて庭がうっすら白くなりました(´Д`;)

ちーくんは学校着く前に雪になってしまったのではないかと若干心配でしたが、ちーくんの事だからきっと雪が降ってきた事も喜んで登校しただろうな、、と(´∀`)

 

おーくんの幼稚園バスが動くのか心配でしたが、お迎えに来てくれました(´∀`*)

その時に撮った我が家の車、、少しですが雪が積もっています( ̄▽ ̄;)

f:id:iico163:20220218150543j:image

午後がどうなるか心配でしたが、お昼前には驚く程晴れて、洗濯物を急いで外に出しました。

今年は雪が何回も降って驚いています。

おーくんは前回の雪で雪だるまも作れたのでもう満足です。私的には、ありがとう雪さん。もう春になっていいですよーって感じです(*´∀`*)

 

さて、話は変わりますが今日は大好きな絵本作家さん ヨシタケ シンスケさんの絵本を紹介したいと思います(*´∀`*)

ヨシタケシンスケさんの本は今までにも紹介してきましたが、また違う絵本になります。

 

www.iico-room.com

www.iico-room.com

今回紹介するのは、このあとどうしちゃおうという絵本です(´▽`)

このあと どうしちゃおう

ネタバレあります!

ヨシタケシンスケさんの発想絵本シリーズです。

 

表紙は可愛らしくポップな感じですが、開いてびっくり、最初の1行目は、「このあいだ おじいちゃんが しんじゃった」です。

 

主人公の男の子は、おじいちゃんが亡くなり部屋の掃除をしている時に、おじいちゃんが書いた「じぶんがしょうらいしんだら どうなりたいか どうしてほしいか」が絵と文字で書いてある「このあと どうしちゃおう」ノートを見つけました。

 

そのノートには、このあとのよてい、てんごくにいくときのかっこう、うまれかわったらなりたいもの、、など沢山書いてあります。

 

おじいちゃんのノートを見ていたらワクワクしてきて、天国に行くのが楽しみになってきた男の子。

おじいちゃんはしぬのが楽しみだったんだろうか?

もしかしたら、逆だったのかもしれない。

本当はすごくこわかったのかもしれない。だから楽しい事を沢山考えて死ぬのが怖くなくなるようにしたのかも。と男の子は考えました。

 

でも、ノートを見るとやっぱりおじいちゃんは楽しそう。どっちだったんだろう、、

お父さんに聞いてみると、「本当の所はおじいちゃんしか分からないよねぇ。」

「でも だれだって いつかは しんじゃうし それが いつかなんて わからない。

もし じぶんが しんじゃったら どうなりたいか どうしてほしいかを かんがえて だれかと はなしあったり ノートに かいてみるのは きっと いいことだよね」

と。

 

男の子は自分も「このあと どうしちゃおう」ノートを作ることに。

男の子は、ぼく だったら どうしちゃおうかな。と自分が死んじゃったあとの事を考えようとすると、今生きているうちにやりたい事がいっぱいある事に気がつきます。

 

「このあと どうしちゃおう」ノートの他にも「いきているあいだは どうしちゃおう」ノートもあっていいかもと思い絵本は終わりになっていきます。

最後のページには読んだ人だけが分かる、男の子を見守っている姿を変えたおじいちゃんらしき絵があり、そこにもほっこりします。

 

死をテーマにした本なのに重くなくて、なんか楽しくてどのページもクスッと笑える、自分では考えつかない発想が面白いです(*´∀`*)

 

私のお気に入り(^ω^)

本当は全部1ページごと紹介したいくらいです!

 

天国に行く時の格好のページが完全にキャンプか旅行に行くのかな?バックパッカー?みたいな格好で、カバンの中身に「保険証」があったり、神様へのお土産に「けっこう難しいパズル」とかあってチョイスが!!と笑っちゃいました( ´艸`)

今まで自分たちが想像したことない格好です。

 

「こんなかみさまにいてほしい」のページでは、

「アレは神様のせいなんじゃない?」と文句を言える、ほっといてくれる、今までの思い出話をおもしろがってくれる、、など確かに!こんなフラットに接していい神様いて欲しい!って思いました(´∀`*)

神様に文句言えるなんて考えた事ない(笑)

 

「てんごくってきっとこんなところ」のページでは、

有名人にけっこう会える、みんなかならずどこか褒めてくれる、食べ終わったお皿を持っていくだけで100万円もらえる、、などなどおじいちゃんの想像がかわいいなぁとなんかほんわかしながらもクスッと笑えます( ´艸`)

f:id:iico163:20220218122316j:image

「いじわるなアイツはきっとこんなじごくにいく」のページでは、

トイレがいっこしかない、よる寝る前に悲しいお話を聞かされる、とにかくくさい、、など地味に嫌だー!な地獄に笑ってしまいました( ´艸`)

f:id:iico163:20220218122301j:image

なにげに一番笑った好きなページかもしれません(´∀`)

 

旦那はなんか怖いというか悲しい絵本に感じたと言っていましたが、ちーくんは違ったようで、「いきているあいだは どうしちゃおうノートを作りたい!やりたい事がいっぱいある!!」と言っていました(*´∀`*)

 

死をテーマにした絵本は生をテーマした本でもありました。

この絵本には今を生きる大切さを教えてくれる気がします。ちーくん深い事はよく分からないけどそういった事を感じとってくれたのかな?と思います。

難しいテーマなのにこんなにポップに描かれていて驚きと共に素敵な絵本だと感動しました(*´∀`*)

 

もう少し大きくなってこの絵本を読んだらまた違う気持ちや発見があるのではと楽しみです(*´∀`*)

 

全部ひらがなで書かれているので、ひらがなが読めるお子様ならスムーズに読めるかと思います。

絵を見るだけでもクスッと笑えて面白いですよ(´∀`*)

 

ご訪問ありがとうございます(*´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村