いーこの部屋

お喋りな7歳と拘り強めな4歳の男の子の子育て中…日々の出来事日記

おーくんヤマハ幼児科やめようか相談した話

こんばんは、いーこです(*´∀`*)

今日はおーくんのヤマハ音楽教室について書こうと思います。

 

5月から始まったおーくんの幼児科。

1回目のレッスンは、部屋も変わり、気分も変わってか、おーくんにしてはよく出来たと思いました。帰りに先生が、「おーくんすごいじゃん!今日頑張ってたね!!」と声をかけてくれました。

 

2回目のレッスンの時は、元気にヤマハには行ったのですが、疲れて眠くなったようでけっこう最初のあたりからグダグダになり始めて、、

エレクトーンを弾かず待っている時に音をならしたりしていたので注意すると、わーっと泣いてしまい部屋の外へ、、

その後部屋に戻って参加しましたが、教本に貼るシールを自分で取りたい!ととったら少し破けてしまい、セロテープで今すぐ補修したいと言い出して、おうち行ったらやろう!今はレッスン中だよ!という会話も耳には入らず、、また大泣き、、

部屋を出て、そのままレッスンは終わりました(´ε`;)

 

この日までに毎日ジェットコースターというドだけを弾く曲の練習を頑張っていたのに、1回もエレクトーンをひくことなくレッスンが終わり、、

ずっと破れたシールを持ったまま怒るおーくんを抱っこして車に乗せて帰りました。

 

私もおーくんももう限界なんじゃないかと思い、もうやめようというお話をしました。

幼児科は練習もしないといけないし、レッスンもちゃんと受けないとついていけないから、ちゃんと座っていられず、私に寄りかかってきたり、椅子から下りたり登ったり、、と、おーくんでは無理なのでは、、と思いました。

 

「ちゃんとレッスン出来たらポケモンキッズをあげる。」

という約束をしていました。

おーくん「ポケモンキッズ欲しい!くれる?」

私「ちゃんと出来てなかったよ、お部屋からほとんど出ていたよ。ポケモンキッズあげられないよ。」

おーくん「なんで!!ヽ(`Д´)ノ」

私「それじゃご褒美にならないでしょ?」

おーくん「ちょうだいよ!ヽ(`Д´)ノ」

私「じゃあ、ポケモンキッズと交換で、ヤマハやめてもいい?」

おーくん「うん、やめる。ポケモンキッズちょうだい。」

私「え、本当に?もうやめるの?いいの?ポケモンキッズは今日じゃなくてももらえるのに?」

おーくん「うん、いいよ、やめる。」

え?いいの?ポケモンキッズをあげた後も、何回も確認しましたがやめると言うので一度先生とお話をする事に、、。

 

比べるのは良くないとは分かっているのですが、、おーくんは、ちーくんの幼児科の時に比べるとレッスンではもちろんですが、家での練習も楽しそうではないし、意欲的な感じもしないし、ドを探すことも、ドを弾く手も変な形で、、直そうとしても直らず、、ド、レ、ドと親指、と人差し指で弾くというのが恐ろしく難しいようで、、(・・;)これは、これはおーくんには向いていないという事なのでは、、と思いました。

 

メールにてやめたいと思っている事を伝えて、時間を作ってもらいたいとお願いして、担当の先生とお話をしました。

 

先生「幼児科初めてのレッスンすごくよかったですよね、おーくん出来るんじゃん!って思いました。その次のレッスンはお部屋の外に出る事が多かったですが、徐々に変わって行けたらいいかな、、と思います。今まで一緒にやって来て、成長を感じますし、この幼児科の2年でどんな風に変わっていくのかな、というのも楽しみな所なんですが、、。」

私「何もしなくてもいいから、座っていられたらいいと思うのですが、じっとしてられなかったり、音を出してしまったり、グループレッスンで他の方に迷惑かけてしまう事が気になります。この前のレッスンもおーくんがじっとしてなかったりお喋りしていたので、前のお友達が気になってずっと後ろを向いていましたし、、。」

先生「でも、まだ眠くなってしまってグズグズしちゃったりする事はみんなありますし、お互い様な部分もあると思います。レッスンもちゃんと進むようにするのが私の仕事ですし、、なので、ゆっくりおーくんに構ってあげられないのが申し訳ないと思うのですが、、。もし本当にもうグループレッスンは無理かなと思ったらこちらから声をかけさせてもらうので、迷惑かけてしまうというのは気にしないでもらっていいです。」

私「あと、おーくんを見ていると向いていないのではないかと思う事も多くて、、なかなかみんなと同じように出来ないので、ついていけない気がします。」

先生「まだ始まったばかりですし、おーくんの出来る事をしていくという形でもいいと思います。以前居た生徒さんで右手だけなら弾けるけど、左を合わせると弾けないという子がいました。幼児科終わるまで片手でしか弾けなかったけど、成長を感じましたし、本人も楽しくグループレッスンをしていました。どうしても、みんなと同じように出来ない場合もあると思うのでそこは、おーくんの出来る事を、、でいいと思います。」

 

先生「グループをやめるとかではなくて、一度試しに個人レッスンをやってみますか?個人なら出来るという事ならグループで出来ない所を個人レッスンを1ヶ月に1回とかレッスンして行くというのもありかもしれないです。個人レッスンよりもグループでのレッスンの方がいろいろな刺激も多いし、耳や感覚もすごく育つのでグループの方がいいと思います。

もし、嫌じゃなかったら、入口のすぐ横のエレクトーンに座るというのはどうですか?そこならすぐ部屋を出たり戻ったりできますし、、。

おーくんがここに来るのも嫌だ!という訳ではないのなら、ぷらいまりー1が終わるまでもう少し頑張ってみませんか。まだ向いてない、難しいのでは?と決めるのは早いと思います。おーくんともう一度話してもらえませんか?」

 

という事で、家に帰っておーくんともう一度話をしました。

先生と話した事を話して、おーくんにヤマハ続けてみるか聞いたら「続ける。」と。

ポケモンキッズがあの時どうしても欲しくて、やめる事にしたけど、本当はヤマハやりたい。と゚゚(゚´Д`゚)゚

ごめんよーおーくん(ノω;)

でも、全然レッスンもやらないし、やめる事になっても悲しそうじゃなかったけど、、

おーくん自分でやめるって決めたから、やっぱり続けたいって言えなかったのかな?

すごくやりたいわけじゃないけど、ちーくんがやってるから同じようにやりたいのかな、、

うーん、難しい、、。夏に発達障害の診断を受ける予定なのでそこで特性とかも分かったら、おーくんにとっていい方法がみつかるかも!?

 

先生と話ししてから、体調不良などで全然レッスンに行けてないのですが、、

とりあえず半年何とか続けてみます。

私も鍛えられます( ̄▽ ̄;)二人で成長出来るよう頑張ります!

 

長々とすみません( ̄▽ ̄;)

お付き合い下さってありがとうございます(*´∀`*)

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村