いーこの部屋

お喋りな7歳と自閉スペクトラム症、多動症の4歳の男の子の子育て中…日々の出来事日記

年中のおーくん、言語聴覚士さんの療育相談に行って来ました。

こんばんは、いーこです(*´∀`*)

 

先日予約していた言語聴覚士さんの療育相談に行っていました。

 

www.iico-room.com

ちーくんのピアノの関係で先に旦那とおーくんで相談に行ってもらい、途中から私も合流しました。

 

言語聴覚士さんが最初に今日は何時までで、こういう遊びをしていきます。という流れを紙に書いて説明して順番に進めていたようです。

 

私が行った時には後半でもう最後の1つカードの遊びの所でした。

言語聴覚士さんがカードを見せて、おーくんが何かを答える。というもので、ヘリコプターを飛行機と言ったおーくんに先生は文字を指でさしながら、ゆっくり「ヘリコプターだよ。」と教えていました。

家でも、分からないものや、間違えたりした時は、文字を指でさしながら言うといいですよ!という事でした。

言語聴覚士さんが使っていたのは、くもんのカードで、うちにもあのシリーズある!あんなに丁寧にやったことないけど(^-^;家でも出来るかも!?と思いました。


のりものカード 第2版―0歳から (くもんのせいかつ図鑑カード)

おーくんが一通り終わった所で言語聴覚士さんとお話を少ししました。

 

私「滑舌が気になるのですが、年中さんでこの位というのはどうなんでしょうか?」

言語聴覚士さん「さ行が苦手という事ですが、言葉によってはちゃんとさ行が発音出来ている時もあるので、癖がついているというよりは、脳の中のプログラミングが間違ってしまっているという所だと思います。言えたり言えなかったりという場合の方が直しやすいと思います。まだ年中さんなので、頑張って体操をしてというのはしなくても良いかなと思います。これから改善していく事もありますし、お口周りだけでなく発達の問題という場合もあるので、、今判断するのは難しいですね、、。

あと、ここで口の体操を無理にやって嫌になるのも良くないと思うので、、お口の体操が載っている紙を渡すのでお母さんがやって見せて、真似出来たらいいねという感じで無理にやらせなくていいです。また様子見ながら、半年か1年後に見せてもらえたらと思います。」

との事でした。

 

帰ってから旦那に、私が行くまでの様子を聞きました。

旦那「挨拶は恥ずかしそうにしていてしなかったけど、先生とのやり取りは出来ていた。最初にパズルをやったんだけど、10ピース位のやつで、おーくんあっという間に作ってしまって言語聴覚士さん驚いてた。」

私「10ピースなら出来るよーだって家でやってるパズル65ピースとかだよー。」

旦那「パズルする時も1人でやらせないで、近くで見ながらやらせるようにして下さい。って言ってたよ。」

私「了解!基本的にいつも隣で見ながらやってるよ。私がわざと間違えておいたピースをここじゃないよ!って直してる( ´艸`)」

旦那「あと、スルメとかこんぶとか固くてずっと噛んでいるものをおやつに出すと、口周りの筋肉の成長にいいよって。」

私「こんぶは食べないけど、スルメは食べるかも、、今度おやつに出してみよう!」というやり取りをしました。

 

年齢的にまだしっかりやらなくてもいいという事なのかな、、という感じでした。

発達障害という所も影響しているのかもしれないし、、

発達障害については7月に病院に行くのでそこで詳しく分かると思うのですが、、。

 

1つずつ出来ることをやって行きたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(*´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村